お腹の脂肪を落とすための脂肪燃焼方法は?

ダイエットを始めたけれども、順調に体重は落ちているものの、イマイチお腹の脂肪が減らない、などと言う事はありませんか?このサイトではそうした、お腹の脂肪を燃焼させていく方法をご紹介いたします。

 

脂肪燃焼方法にはたくさんのやり方があります。例えば、食事制限によるところから、脂肪燃焼をさせていったり、トレーニングによって、エネルギーの消費を促して脂肪燃焼をさせたりなど、ダイエット方法については様々なやりかたがあります。
しかし、共通して言える事は、ダイエットの基本はどれも食生活と生活習慣の改善がついて回ってきます。
そんな基本的なところから脂肪燃焼について説明していきます。

 

■お腹の脂肪を落とすための脂肪燃焼方法は?

 

おいしいごはんや、揚げ物、お惣菜からパンやパスタなど、私たちにととっておいしく感じる食事の数々。
おいしいから、ついついたくさん食べてしまって後で更改してします事もありますよね。
特に、糖質を多く含むごはんを始めとする炭水化物や揚げ物などの脂質摂り過ぎてしまうと、お腹の脂肪は少しずつ溜まっていってしまうものです。
このお腹の脂肪を落とすためには、食べるときよりも大変な食事制限や運動などをして脂肪燃焼をしていかなければいけません。
特に、この脂肪燃焼をさせる方法を継続させる事が一番の壁となってしまいます。
このサイトでは、お腹の脂肪を落とすための脂肪燃焼方法を照会していきます。

 

 

脂肪とは?

脂肪燃焼のお話しに入る前に、そもそも脂肪って何の役目を持っているのか?という事から説明していきます。
わたしたちの体についている脂肪は、カラダを動かす為の予備電池です。

 

 

通常時は食事をする事で、摂取したエネルギーをそのままカラダのエネルギーとして使っていきますが、食料調達が困難になり、食事が出来ないときなどに予備電池を使ってカラダを動かすためのものです。
こういった内容から脂肪とは、カラダの生命維持の為の予備電池として備えられているものです。

 

 

脂肪はどうやって増える?

脂肪は食事をすることでお腹まわりからつき始めていきます。
食事をすること、その摂取したエネルギーをカラダは使い始めますが、エネルギーを使わずに余った場合は、カラダの予備電池として蓄えていってしまいます。
これが脂肪が増えていく理由です。
この理由を考えると、脂肪を増やしたくなければ、摂取したエネルギーだけ消費するエネルギーを増やして、エネルギーを使いきる必要があります。

 

 

脂肪燃焼方法

では、脂肪燃焼をする方法はどうするべきか?
という事になりますが、簡単にいうと摂取エネルギーを消費エネルギーが上回るようにすれば良いのです。

 

 

もっと単純明快に言うと、「食べた分以上に動く」という事です。
「食べた分だけ動く」となると、+-0で脂肪は減りません。食べた分以上に動く事で初めてエネルギー量がマイナスになり、予備電池である脂肪をカラダが使い始めて、だんだんと脂肪燃焼をしていってくれるのです。

 

 

脂肪燃焼量を増やすには?

脂肪燃焼は「食べたら動く」と言う事を説明しましたが、脂肪燃焼量を増やすには、更に動けばいいのか?と、いう発想もありますが、動いてすべての摂取エネルギーを消化していくには、かなり大変な事もあります。
そこで、ある程度脂肪燃焼を楽にする為に食事制限という方法が登場します。
この食事制限は、ボクサーの様に、減量の為にやるという考え方になりがちですが、実は健康面への影響も考えられています。

 

 

例えば、食事による肥満は栄養過多の状態です。
特に糖分は一番脂肪になりやすいと言われていますが、この糖分を摂り過ぎていると、脳梗塞などを引き起こしてしまう可能性があります。
これは、糖分の過剰摂取によって、血流が悪くなり、血管を詰まらせてしまうという事にまります。

 

 

そのほかにも、糖尿病などにあげられる成人病なども栄養過多によるものです。
そういった発病のリスクを回避する為にも、食事制限は有効であり、健康的に脂肪燃焼をしていける方法なのです。

 

 

しかし、食事制限のすべてが健康的か?という視点で見ると、決してそうではなく、食事制限も過剰になると、接触不良をお越し拒食症や過食症など、自分では収拾のつかない最悪な事態に陥ってしまう可能性もあります。

 

 

その為、食事制限によるコントロールは、適度に行うようにしていく必要があります。
この食事制限とエネルギーを消費するための運動こそが、脂肪燃焼の為に重要な方法となります。
摂取エネルギー<消費エネルギー+食事制限=脂肪燃焼
これが、脂肪燃焼方法の概要となっていきます。

 

 

脂肪燃焼のための食事制限とは?

では、具体的な食事制限とはどういったものになるのか?
これは、過剰な食事制限は避ける為に、常識的な食事方法として説明していきます。

 

 

食事制限といっても、今までが食べ過ぎであったり、間食がおおかったりなど、極端な食事を健康的な食事方法に戻す、「今までの食事を制限する事で、健康的な食事方法にしますよ」という事です。
こういった意味での食事制限という事になります。

 

 

次に具体的な食事制限の内容ですが、一番制限しなくてはいけないものは、炭水化物になります。
炭水化物は糖質を多く含み、食卓にならぶ食事の主食とし、米・パン・麺類などがあります。

 

 

炭水化物に多く含まれている糖質は、エネルギーに変換されるスピードが速く、更にエネルギーが余った場合は脂肪に変わってしまう事からできるだけ制限をしたい食品です。
一日あたりの摂取目安は、ごはんは100g、食パンなら1枚、麺類なら80gほどにおさえておくのがベストです。

 

あとは、タンパク質を多く摂って、筋肉量を増やして、基礎代謝量を上げていきたいので、肉を中心にタンパク質の摂取をしていきます。
特に鶏肉がタンパク質をとりやすいので、ササミやムネにくなどがおすすめです。
肉の量は1日に300gくらいを目安に摂れると理想的ですが、あまり無理はしないような食事量にしておきましょう。

 

また、欠かすことのできない野菜もできるだけ食べて行きたい食材ですが、食事おする時には、野菜はまずはじめに口にしておきましょう。
野菜を先に食べてておく事で、血糖値の上昇を抑え、脂肪をためようとする吸収力をおさえてくれます。
また、酵素補給にもなるので、代謝を維持してダイエットに最適な状態へと近づけてくれます。
酵素によるダイエットも効果的なので、ご興味のあるかたは、こちらの短期間で痩せる酵素ダイエットをご覧ください。

更新履歴